タグ別アーカイブ: 加速度センサー

アナログ加速度センサーを比較する

秋葉原で手に入るアナログ加速度センサーを同じADコンバーター(地震計11を流用)で測定しノイズを比較した。
DSC03269

結果

メーカー メーカー品番 ノイズ
μg/√Hz
g範囲 出力
インピー
ダンス
実測
標準偏差
gal
STMicroelectronics LIS344ALH 50 ±2g 110 0.160
Kionix Inc KXR94-2050 45 ±2g 32 0.182
Analog Devices Inc ADXL335 XY:150 Z:300 ±3.6g 32 0.519
Freescale Semiconductor MMA7361LC 350 ±1.5g 32 1.238

LIS344ALHの波形
LIS344ALH

KXR94-2050の波形
kxr94_2050

ADXL335の波形
adxl335

MMA7361の波形
mma7361

LIS344ALHモジュールはマルツや千石で売っているAM-3AXIS-PV03。これだけ出力インピーダンスが110kΩなのでローパスフィルタのコンデンサは0.33μFを使用している(他は1μF)。

KXR94-2050は秋月で売っている。高性能の割に安い。

ADXL335はマルツで売っている。ノイズが多く、地震計には使用できないと思う。

MMA7361は秋月や千石で売っている。ノイズが多く、地震計には使用できないと思う。

地震計7 — KX023-1025

SONY DSC

より良いデジタル加速度センサーを求めて作った地震計。

加速度センサーはKX023-1025の評価基板EVAL-KX023-1025。16bitでサンプリングできる。

他、PIC18F14K50モジュール

I2Cバス用双方向電圧レベル変換モジュール(PCA9306)

リニアレギュレーターADP150

KX023-1025はローパスフィルターを内蔵してるが、求めているものではなかった。

 

地震計2 — MMA8451Q

strawberry-linuxの3軸加速度センサモジュール MMA8451Q

秋月のI2Cバス用双方向電圧レベル変換モジュール(PCA9306)、

PIC18F14K50使用USB対応超小型マイコンボードを使った地震計。写真なし。

MMA8451Qは14bit出力なので期待したが思いの外ノイズが多かった。

電源レギュレーターをNJM2863TPS7A4700にしてみるが特に効果無く悩む。

MMA8451Qのノイズのせいという結論に至る。