「エリマキシギ・セッカ」への5件のフィードバック

  1. 6月下旬に投稿したミゾゴイで炎上し懲りたと思ったら、約2ケ月半後がセッカとオジロトウネンとは。
    春先のオオジシギ同様、何故か私が撮影しているローカルな所に姿を見せますね。
    撮影場所を詳細に記載して地元カメラマンからクレームが度々出ているだけかと思いきや、カメラマンの姿を見つけると近づいて来て、挨拶無しで黙って撮り続け、さっさと挨拶無しでその場を離れるの繰り返し。
    一昨日と今日、お仲間と撮っていて、雰囲気が急に悪くなりました。

  2. ヤマ様
    ミゾゴイの撮影と記事は有意義でした。
    8月の記事が滞ったのは青森の遠征で浪費した代償で、懲りたからではありません。
    うちの近所の耕作地が恩田川沿いか相模川沿いなので行動範囲が重複するのかも知れません。
    知らない人に馴れ馴れしく挨拶する習慣が無いので何とも。
    鳥を探すよりカメラマンを探す方が容易ですから、集まるのは無理も無いと思います。
    撮影中に挨拶したり応じたりするのは撮影の邪魔になりますし、撮影が済んだら静かに退いて他の人に場所を譲る方が合理的と思います。
    撮影場所についてはgoogle mapで詳細な地点を示したいのですが、読み込みが遅くなるのでやめています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語以外の投稿は無効。