タグ別アーカイブ: ADS1115

Intel Galileo — ADコンバータを接続する

加速度センサーの値を液晶に表示した
加速度センサーの値を液晶に表示した
回路図
回路図

Intel GalileoではI2C液晶モジュールACM1602NIはどうやっても動かなかった。前回の液晶を採用して16bitADコンバータADS1115を接続してみた。CPUの温度が50℃を超えた辺りから動作が怪しくなり遂に書き込みできなくなった。三端子レギュレータに使うヒートシンクとファンを設置すると安定した。温度計とヒートシンクは割り箸で固定した。

サンプリングレートはデフォルトのままで加速度センサーの測定値を液晶に表示した。ノイズは十分低いので計測震度の計算に利用できると思う。次はFFT処理をする。

スケッチ

// I2Cdev : https://github.com/jrowberg/i2cdevlib
// LiquidCrystal_I2C :
//   http://hmario.home.xs4all.nl/arduino/LiquidCrystal_I2C/

#include <Wire.h>
#include "ADS1115.h"
#include   <LiquidCrystal_I2C.h>

ADS1115 adc0(ADS1115_DEFAULT_ADDRESS); //ADDR:GND
LiquidCrystal_I2C lcd(0x20,8,2);//I2Cアドレス、8行x2

void setup() {                
    Wire.begin();  // I2C開始
    adc0.initialize(); // ADS1115 初期化
    lcd.init();       // 液晶初期化
    adc0.setMode(ADS1115_MODE_SINGLESHOT);//シングルショット・モード
    adc0.setGain(ADS1115_PGA_4P096);//フルスケール±4.096V
}

void loop() 
  {
    adc0.setMultiplexer(ADS1115_MUX_P3_NG);//マルチプレクサ設定
    lcd.setCursor(0,0);
    lcd.print("X:");
    lcd.print(adc0.getConversion());//変換
    adc0.setMultiplexer(ADS1115_MUX_P2_NG); 
    lcd.print("   ");
    lcd.setCursor(8,0);
    lcd.print("Y:");
    lcd.print(adc0.getConversion());  
    adc0.setMultiplexer(ADS1115_MUX_P1_NG); 
    lcd.print("   ");
    lcd.setCursor(0,1);
    lcd.print("Z:");
    lcd.print(adc0.getConversion());  
    lcd.print("   ");
    delay(10);    //待ち
  }
//I2Cdev.cpp
//min関数が無いと言われるので加える
int min(int a,int b){
    if(a<b){return a;}else{return b;}
}

地震計11 — ADS1115

DSC03250

16bitADコンバータADS1115を使って作った地震計。

スイッチサイエンスの16BitADCも同じものと思う。

回路図

ads1115

ソースはC18でコンパイル。

main_ads1115.c

レジスタが16bitなのが少し曲者と思う。あと変換中にチャンネルを変えるとどのチャンネルの変換値か分からなくなるので工夫が必要。

他の部品は、

PIC18F14K50使用USB対応超小型マイコンボード

I2Cバス用双方向電圧レベル変換モジュール(PCA9306)

リニアレギュレーターADP150

3軸加速度センサモジュール KXR94-2050